2019年活動報告

■2019年12月10日


猪苗代湖岸に自生しているスゲ草で注連縄飾り実施いたしました。

昔は「スゲガサ」「アマミノ」や「ヒヨケミノ」「コモ」「スダレ」と日常生活に欠かせない存在であったようです。

現在では注連縄やスダレなどに利用されているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


■2019年11月5日


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


■「猪苗代湖の白鳥初飛来」


令和元年10月7日:13時18分コハクチョウ18羽初飛来。

家の前で畑「玉ねぎ」移植中に頭上で鳴き声が聞こえた。顔を上げたら北(磐梯山)方面より14羽真っ直ぐ家の前を通過飛行湖へ。

旋回して(今年は水位が低くて着水出来ないため)少し東方面(長田地域)に着水。

同時に頭上で東北方面より4羽頭上でクロスして南西へ向かった。

画像は波が(風)あったため入江(ヨシの影)に隠れて出てこなかったので、4羽撮影。


2019年度ヒシ刈りの状況結果


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


■スイカ湖菜園



■令和元年8月14日



■猪苗代湖 夏秋冬ポスター



■H31年度ヒシ刈りボランティア募集


 

■連絡先:
TEL:0242-85-7573
FAX0242-85-7577
E-mail:kitami@amber.plala.or.jp


■猪苗代湖の白鳥も3月上旬から北帰行が始まりましたが、南下した個体が日増しに増えてきていました。

朝みますと驚くほどの個体数が真っ白に湖面を映し出し、カウントするのに親指が腱鞘炎になるほどでした。

従来も「3:11」前は時々見られましたが、それ以来です。

3:11以来南下する個体が年々増えてきているからでしょう。



■平成31年2月25日定時定点表全体羽数結果



■2019.2.12天然記念物指定地域定時定点表結果



■平成31年1月25日定時定点表全体羽数結果